長びく頭痛は眼精疲労が原因かもしれません

頭がキリキリと締めつけられるように痛い、
左右のこめかみがズキズキと痛い、頭痛には色々なタイプが
ありますがなかなか改善しない頭痛は、
もしかしたら眼精疲労が原因かもしれません。

 

頭痛があるときは、頭痛薬を飲んでいる人が多いと思います。
頭痛薬で痛みを取ることはできますが、
根本的な原因が眼精疲労であれば今後も症状が続くことになるのです。

 

眼精疲労といわれて思いつく原因は、まずパソコンや
スマートフォンなどを見ていることです。
現代では、多くの人がパソコンやスマートフォンを
長時間使っているので常に目を酷使しています。

 

また、視力が低下して眼精疲労になる場合もあります。
今までと同じように物を見ようとすると見えにくいので、
やたらと目を近づけて見てしまうのです。
その結果、姿勢も悪くなり肩こりなども引き起こすこともあります。

 

意外と気づかないのが、40歳を過ぎるとほとんどの人が
老眼になるということです。今までと同じように
近くの物を見てもピントが合いづらくなっています。
そのために目が疲れてしまうのです。

 

頭痛の原因が眼精疲労であれば、定期的に目を休ませることが大切です。
パソコンやスマートフォンを見る時は、
1時間に1回は休憩して目を休ませます。

 

視力が低下したり老眼が進んできたら、
適正な眼鏡やコンタクトレンズに替えることで目の負担は軽くなります。

 

しかし、それでも頭痛は続くことはあります。
そんな時は、整骨院・整体にご相談ください。
目の周りや首や肩の筋肉の緊張をほぐすことで、症状が改善していくのです。

 

眼精疲労は、まず目が疲れ後頭部も緊張して血行が悪くなるのです。
肩も凝っている方が多いです。
ですので、目の周りだけではなく、後頭部、首、肩と
順番に施術していくことで頭痛がなくなったり、
いままでモヤッとしていた視野が開けて
スッキリ明るく見えると感じたりするのです。

 

当院では、患者様の状況に合わせた施術を行うために
最初に丁寧なヒアリングを行います。
また、今後の眼精疲労を予防するためのアドバイスをし、
参考にしていただいております。

 

たとえば、眼精疲労になると目が疲れるので
瞼の上を押したりもんだりという動作を見かけます。
これは、危険なのでやめてください。

 

眼精疲労になると血行が悪くなり、目に栄養がいきわたらなくなります。
手で少し押しただけの刺激でも網膜が剥離する
可能性もあるので注意してください。

 

患者様の生活をよりよくするために、施術だけではなく
専門家の持てる知識を持ってできることは全力でサポートさせていただきます。

 

長びく頭痛が眼精疲労かもしれないと思われた方は、
是非当院にご相談ください。

 

頭痛でお悩みの方はこちらへ

 

【八千代大和田整骨院】
電気治療、矯正治療、産後の骨盤矯正、はり治療、
交通事故治療も行っています♪駐車場あり♪
八千代市役所から徒歩5分♪
キッズスペースあり♪ベビーカーOK♪
<〒 276-0044 八千代市萱田町587>
<TEL 047-409-3111>
http://owada.chiryouin.biz/

[ 2017年11月27日 ]
お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県の八千代市役所から徒歩30秒、047-409-3111
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る