花粉症

【八千代大和田整骨院】の花粉症治療とは?

腰痛治療

  • 薬の副作用により眠たくなる、頭が重い
  • 通院の場合(混雑の為)待ち時間が長い
  • 薬を飲み続けなければいけない
  • くしゃみ、鼻水が止まらない。

日本国民の3人に1人は「花粉症」といわれる時代

「花粉症」は今や日本の国民病

毎年、早い方では2月初め頃から花粉症がもたらす、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみ、睡眠不足や集中力の欠如、イライラや食欲不振に悩まされています。その患者数は年々増え、今や日本では3人に1人は花粉症と言われる時代です。

花粉症には様々な種類がある

一般的に花粉症の原因はスギ、ヒノキ花粉によるものが、花粉症の約70%と大半を占めてます。2月の初め頃から症状に悩まされ、6月上旬頃までつづきます。

  • スギ/ヒノキ(2月~6月上旬頃まで)
  • ハンノキ(3月~4月)
  • イネ(4月半ば~10月半ば頃)
  • ブタクサ/ヨモギ/カナムグラ(8月~9月半ば頃)

 

花粉症の治療法

鎌ヶ谷西口整骨院はあなたにあった治療法を

当院では花粉症のあらゆる症状にお悩みの患者様に、主に鍼やマグレイン施術を用いて治療を行います。また、患者様皆様が一様に心配される「痛くないですか?」も心配ありません。多くある治療のラインアップから選択しますので、無理なく、辛くなく続けていただくことができます。
鍼を体に刺す=痛いと連想されがちですが、治療に用いられる鍼は髪の毛ほどの太さなので、毛穴にあたると少々“チクッ”とすることもありますが、ほとんど痛くありません。

花粉症には、なぜこの治療方法が良いのか

医療機関での薬による治療は主に「対症療法」(各症状を抑える)
に分類されます。

その為、花粉症患者の方は毎年症状に悩まされる事が多いので、毎年病院に行き、薬をもらい、症状に悩まされている期間は「薬を飲みつづけることになります」

一般的に花粉症の時期は長く続きますから、長期的に医療機関で処方された薬を飲み続けることになり、当然、薬のもたらす副作用とも”長期的に”付き合わなければなりません。

八千代大和田整骨院の「花粉症治療」はここが違う

八千代大和田整骨院では、服薬による治療は行わないので眠気、頭が重いなどの副作用はありません。花粉症になってしまう体質そのものの改善を目的に施術を行っています。これにより花粉症の症状が緩和します。

花粉症の治療間隔

理想は間隔を2日ほど空けて、週2回以上の施術をお勧めいたします。

治療間隔は患者様それぞれの症状により異なりますが、治療の効果「症状が楽になったなぁ」と実感できるまでは最低でも週2回以上の施術が必要です。施術頻度につきましては今現状のお体の状態に照らし合せてご説明させていただきます。

鍼治療について詳しくみる>>

 

▲ページの先頭へ戻る

花粉症治療行ってます。

こんな症状で悩みの方へ

当院のこだわり

当院について

八千代大和田整骨院ブログ

スタッフ募集

クレジットカードがご利用いただけます。

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

八千代大和田整骨院には、八千代市の高津・村上・八千代中央・大和田新田などの地域から多く来院されています。

混雑状況テーブル

お気軽にお問い合わせください
  • 千葉県の八千代市役所から徒歩30秒、047-409-3111
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る